ruby 日付操作一覧

本稿について

本稿はサイト運営者が学んだことなどを記したメモの内容です。
全てが正確な情報とは限りません。ご注意ください。また修正するべき点は適時修正していきます
1時間前
Time.now.ago(1.hour)

1時間後
Time.now.sice(1.hour)

DateをTimeに変換する
date.to_time

文字列をTimeに変換する
"2019-03-01 23:33:17".to_time
※ to_datetimeでも同じことができるが、time zoneがUTCになってしまうので注意

[参考]

現在時刻を指定のフォーマットで取得する
today = Time.current.strftime('%Y-%m-%d %H:00:00')

今日の始まりの日時をとる
DateTime.now.beginning_of_day

今日の終わりの日時を取る
DateTime.now.end_of_day

次月の取得
Time.now.next_month

今日の特定の時間を取得する(時間を操作する)
target_time = Time.now.change(min: 0, sec: 0)

[参考]

特定のフォーマットで出力する
data.created.strftime("%Y-%m-%d %H:%M:%S")

unixtimeをtimeオブジェクトにする
Time.at(1520316811)

エポックmsへの変換
data.created_at.strftime('%s%L').to_i

GMTの文字列をJSTのTimeオブジェクトに変換する(railsのみ)
time = "2018-08-14 01:37:03 GMT +00:00".in_time_zone
=> Tue, 14 Aug 2018 10:37:03 JST +09:00

関連ページ

文字列操作

#ruby

配列操作

#ruby

数値操作

#ruby
Back