nodejs node HTTP通信

本稿について

本稿はサイト運営者が学んだことなどを記したメモの内容です。
全てが正確な情報とは限りません。ご注意ください。また修正するべき点は適時修正していきます
Promiseを使った通信をしたい場合
$ npm install request --save
$ npm install request-promise —-save

const request = require('request-promise');
const requestOptions = {
      url: `http://127.0.0.1:8000/hoge`,
      method: 'POST',
      headers: { "Content-Type": "application/json" },
      json: sendParams
}
let response = await request(requestOptions)

expressなどのrouting上でasync/awaitをする場合にはwrapperを使った方が良い。
// async wrapper
const asyncWrapper = fn => {
  return (req, res, next) => {
    return fn(req, res, next).catch(next);
  }
};

router.get('/auth', asyncWrapper(async(req, res, next) => {
}));

GETかそれ以外かでパラメータの取得が違う
req.query // GET
req.params // GET以外



[参考]


関連ページ

nvm

#nodejs
Back