javascript WebStrage (LocalStrage/sessionStrage)

本稿について

本稿はサイト運営者が学んだことなどを記したメモの内容です。
全てが正確な情報とは限りません。ご注意ください。また修正するべき点は適時修正していきます
WebStrageにはsesstionStrageとlocalStrageが存在する。

データの設定
localStorage.setItem(“hoge”,"fuga”)
sessionStorage.setItem(“hoge”,"fuga")

データの取得
let data = JSON.parse(localStorage.getItem(process.env.LOCAL_STRAGE_KEY)) || []
let data = JSON.parse(sessionStorage.getItem(process.env.LOCAL_STRAGE_KEY)) || []

特定のkeyのデータを削除
localStorage.removeItem(process.env.LOCAL_STRAGE_KEY)
sessionStorage.removeItem(process.env.LOCAL_STRAGE_KEY名)

全データの削除
localStorage.clear()
sessionStorage.clear()

関連ページ

webStroage

#javascript
Back