rails Controllerのレスポンス

本稿について

本稿はサイト運営者が学んだことなどを記したメモの内容です。
全てが正確な情報とは限りません。ご注意ください。また修正するべき点は適時修正していきます

レスポンスにhttpのステータスコードのみ (bodyがない)
return head :ok

ステータスコードの種類
:ok    200    成功
:created    201    リソースの生成に成功
:moved_permanently    301    リソースが永続的にリダイレクト
:found    302    リソースが一時的にリダイレクト
:see_other    303    リソースが別の場所にある
:bad_request    400    不正なリクエスト
:unauthorized    401    未承認
:forbidden    403    アクセス禁止
:not_found    404    リソースが存在しない
:conflict 409 競合
:method_not_allowed    405    HTMLメソッドが許可されていない
:internal_server_error    500    内部サーバエラー

statusを指定してエラーレスポンスを返す
render json: { message: e.message }, status: :not_found

関連ページ

jbuilder

#rails

FireStore

#rails
Back