javascript 配列操作

本稿について

本稿はサイト運営者が学んだことなどを記したメモの内容です。
全てが正確な情報とは限りません。ご注意ください。また修正するべき点は適時修正していきます
先頭に要素を追加
let array = [1,2]
array.unshift(3)
=> [3,1,2]

末尾に要素を追加
let array = [1,2]
array.push(3)
=> [1,2,3]

配列の要素数を取得する
const array = [1,2,3]
array.length
=> 3

特定の要素のindexを取得する
const array = [1,2,3]
const index = array.indexOf(2)
index
=> 1

配列の特定の要素を削除 
array = array.filter((value) => {
   return !array.removeFlg
})

this.streams.forEach((stream, index) => {
   if(stream.peerId == peerId) {
      this.streams.splice(index, 1);
   }
})


※ forEachの中で、spliceを実行して削除する方法もあるが、indexの数値が変わってしまうので、処理が途中で止まってしまう

※ `delete` を使って削除することもできるが、 “undefined” にしてindexが変わらない(undefinedに置き換えられる) ので考えないといけない

配列を全削除
let array = [1,2,3]
array.length = 0
array 
=> []

[参考]

配列を文字列に変換
let array = [1,2,3]
array.join(',’);
=> "1,2,3"

配列の中身を検索
let array = [1,2,3]
const found = array.find(num => num == 2);
found
=> 2


sort
let array = [{ no: 1}, { no:2 }]
array.sort(function(a,b) {
  return a.no - b.no
})


以下、よりよいやり方を学べそう
Back